米ベライゾン、AOL買収で合意-1株50ドル、総額44億ドル

更新日時

米最大の携帯電話事業者ベライゾン・コミュ ニケーションズはインターネットサービス会社のAOLを総額44億ドル (約5270億円)で買収することで合意した。これによりモバイル広告分 野での競争に拍車が掛かりそうだ。

買収によりベライゾンはAOLが持つ2つの技術を手に入れる。他 社にはない動画技術と、的を絞った広告を携帯端末に自動的に送る技術 だ。ベライゾンはテレビの生放送やオリジナル番組、ペイパービュー (PPV)コンテンツを含むモバイル向けストリーミングサービスを今 年の夏に開始する計画で、AOLの技術を得たことでさらにその実現に 近づいた。

世界的にモバイルの利用が拡大する中で、主力事業がTモバイル USなどの追い上げに遭っているベライゾンは、今回の買収により新た な収益の柱を得る見通しだ。ただ今度はウェブ広告をリードする米グー グルとフェイスブックが直接の競合相手となる。

調査会社レコン・アナリティクスのアナリスト、ロジャー・エント ナー氏は「ベライゾンは広告とコンテンツプログラミングを自社の無線 ネットワークに統合したいと考えている」とし、「これは意欲的な計画 だ。モバイル広告市場はグーグルが圧倒的シェアを誇っている」と指摘 した。

6月中にも動画配信開始

ベライゾンは早ければ6月中に動画ストリーミングサービスを開始 する見込み。12日の両社発表によると、買収価格は1株当たり50ドル で、11日のAOL株終値に17%上乗せした水準。AOLのティム・アー ムストロング最高経営責任者(CEO)が統合完了後もAOL部門を率 いるという。

12日の米株式市場でAOLの株価終値は50.52ドルと、ベライゾン の提示価格を若干上回っている。ベライゾンは0.4%安の49.62ドル。

飽和状態にある米無線市場で、1億人強の契約者を抱えるベライゾ ンは、より規模が小さく機動的なTモバイルなどと顧客獲得競争を繰り 広げている。こうした中で、ベライゾンの差別化戦略の一つが現在計画 しているモバイル向け動画ストリーミングサービスであり、同社はこれ を含め、従来の有料テレビチャンネルを抱き合わせたプランに興味を示 さない消費者をターゲットとするパックプランを増やす方針。

AOLはプログラマティック広告(広告枠の入札型自動取引)と呼 ばれる技術に集中して取り組んできた。モバイル機器で動画を視聴する 人が増える中で、グーグル、フェイスブックと競争するための手段とし てAOLはこの技術を開発した。

ベライゾンによれば、AOL買収資金は手元の現金とコマーシャル ペーパー(CP)発行によって賄う計画。夏の終わりまでには買収完了 の予定だと両社が発表した。

原題:Verizon to Buy AOL for $4.4 Billion for Mobile Ad Technology (4)(抜粋)

--取材協力:James Callan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE