GM:中国でシボレーなど40車種値下げ-海外勢の苦戦映す

米自動車メーカーのゼネラル・モーターズ( GM)は中国で販売する車種の値下げに踏み切った。自社にとって最大 市場である中国での販売の伸びが鈍化しているため、既にドイツのフォ ルクスワーゲン(VW)も同国での値引き戦略を強化している。

GMと上海汽車集団(SAICモーター)の合弁会社がウェブサイ トで発表した資料によれば、同合弁は「ビュイック」「シボレー」「キ ャデラック」各ブランドの計40車種を、最大5万3900元(約104万円) 値下げする。

GMの4月の中国販売は減少。シボレーは5.6%、ビュイック は8.5%それぞれ納入台数が減った。

景気減速に加え、中国国産車メーカーがより低価格のスポーツ型多 目的車(SUV)を販売して市場シェアを高めていることから、中国に 進出している海外自動車メーカーに対する圧力は厳しさを増している。

サンフォード・C・バーンスティーンのシニアアナリスト、ロビ ン・ジュ氏は12日のリポートで、「2015年という年は将来、中国の『大 減速』の始まりとして知られるようになるだろう」と記した。

原題:GM Cuts Prices in China as Foreign Brands Grapple With Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE