米Tロウ・プライス、ウィン・リゾーツの持ち株40%を売却

米資産運用のTロウ・プライス・グループ は、カジノ運用会社ウィン・リゾーツの持ち株約40%を売却した。監督 当局への11日の届け出で明らかになった。Tロウはウィン・リゾーツの 筆頭株主。

届け出とブルームバーグがまとめたデータによれば、Tロウの持ち 株は1040万株となった。昨年12月末時点では1710万株を保有していた。

世界最大のギャンブル拠点であるマカオの状況が悪化する中、Tロ ウはウィン・リゾーツへの投資を削減している。ウィンは総額41億ドル (約4930億円)を投じて、マカオで2つ目となるリゾート施設「ウィ ン・パレス(永利皇宮)」を建設しており、来年上期のオープンを目指 している。

ウィンの広報担当マイケル・ウィーバー氏は電子メールで、Tロウ と「今後も良好で継続的な関係を保っていく」と説明した。

Tロウの広報担当カトリーナ・クレイ氏はコメントを控えた。

原題:Wynn Resorts Biggest Shareholder T. Rowe Cuts Stake 40% (2)(抜粋)