3月米求人件数:2001年以降で2番目の高水準

更新日時

米労働省の発表によると、3月の求人件数 は14年ぶりの高水準をつけた前月から減少した。

12日の発表によると、3月の求人件数は前月比15万件減の499万件 だった。求人件数は減少したものの2001年以降で2番目に高い水準だっ た。前月は514万件に修正された。

3月に雇用された労働者は507万人と、年初来で最高。前月は501万 人だった。全雇用者に占める新規雇用者の比率は3.6%で、前月と変わ らず。

自発的離職者は278万人で2008年以来の最多。離職率は2%と、前 月の1.9%から上昇した。解雇者は約179万人(前月169万人)に増加し た。

3月までの1年間で雇用は300万人の純増。1年間に雇用された労 働者は5970万人、自発的離職者と解雇者を合計した離職者数は5670万人 だった。求人1件当たりの競争率は1.7倍。

原題:Job Openings in U.S. Decrease From Highest Level in 14 Years (1)(抜粋)

--取材協力:Jordan Yadoo.