5月12日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが下落、欧州債利回り上昇で投資妙味が薄れる

12日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要16通貨の大半に対 して下落。対ユーロでは4日ぶりに下げた。

世界的な国債売りの流れが欧州で強まり、この日はドイツやイタリ ア、スペインなどで利回りが上昇。先月に始まった欧州での利回り上昇 は米国債利回りの上昇幅を超えており、ユーロへの投資意欲が強まっ た。

クレディ・アグリコルの外為ストラテジスト、マーク・マコーミッ ク氏(ニューヨーク在勤)は「さながらユーロ圏発のミニ・テーパータ ントラムと言ったところだ。相対的な金利差が短期的な動きを左右して いる。ユーロへの買い意欲が強まっている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%低下 の1163.40。同指数は4月に3%低下し、昨年6月以降で初めてマイナ スとなり、5月6日には3カ月ぶり低水準を付けた。

ドルは対ユーロで0.5%下げて1ユーロ=1.1213ドル。円は対ドル で0.2%高の1ドル=119円87銭、対ユーロで0.3%安の1ユーロ=134 円41銭。

ドイツ10年債利回りは前日比7ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の0.67%。同年限のスペイン国債利回りは8bp上げ て1.82%、イタリア10年債利回りは8bp上昇の1.84%。

「ユーロに上昇圧力」

RBSセキュリティーズ(コネティカット州スタンフォード)の為 替ストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏は欧州の「利 回り上昇を背景に、対ユーロでの買い持ちが目立っていたドルの持ち高 解消が見られる」と指摘。「欧州債券が引き続き売られ、金利が上昇し ていることはユーロに上昇圧力を掛け続ける可能性がある」と述べた。

ブルームバーグ相関加重指数によれば、ユーロは過去1カ月 で1.9%高。年初からの下落率は6%に縮小している。

欧州が緩和政策を維持する一方、米金融当局は利上げに向かってい ることから、ユーロは年末までに下落基調に戻ると予想されている。ブ ルームバーグがまとめた予想によれば、ユーロは12月31日までに主要16 通貨のうち13通貨に対して下げるとみられている。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は今後発表されるデータを監視す ることで市場は利上げを予測することが可能であり、それが「市場の動 揺の度合いを和らげる助けになるだろう」と指摘した。一方、米金融当 局が政策金利の引き上げに踏み切れば、金融市場の動揺につながる「レ ジームシフト(急激な変化)」の引き金になるとの見通しを示した。

小売売上高

13日発表の米小売売上高が利上げ時期を計る上で手掛かりになる可 能性がある。4月の小売売上高は前月比0.2%増と、前月の0.9%増から 減速が予想されている。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)の通貨スト ラテジスト、ニール・メラー氏は「米国の利上げ開始時期をめぐり不透 明感が続いている。しかし、米当局が他の中銀に先駆けて利上げを始め る確率がどちらかと言えば高いという単純な理由から、ドルの上値を抑 える材料はかなり限定的になるだろう」と語った。

原題:Dollar Bulls Seeking Shelter Amid European Bond-Market Selloff(抜粋)

◎米国株:続落、債券売りが波及-世界的にも株安

12日の米国株は続落。この日は債券相場の下げが世界的な株安につ ながった。

デュポン、ダウ・ケミカルなど素材株が下落。テクノロジー株では 半導体銘柄が下げた。インテルは1.4%安。ベライゾン・コミュニケー ションズも安い。同社はAOLの買収で合意した。買収規模は44億ド ル。AOLは18%急伸した。原油相場の反発を受けて、エネルギー株は 上昇した。

S&P500種株価指数は0.3%安の2099.12。ダウ工業株30種平均 は36.94ドル(0.2%)下げて18068.23ドル。ナスダック総合指数 は0.4%下げた。

ミラー・タバクの株式ストラテジスト、マット・メイリー氏は「株 価が歴史的水準から見て上限にある時は今以上に良好なニュースが必要 だ」と述べ、「利回り上昇は景気回復やファンダメンタルズが理由では ない」と続けた。

ダドリー総裁、ウィリアムズ総裁発言

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は12日、2006年以降で初めてとな る米利上げの時期は分からないが、米金融当局が政策金利の引き上げに 踏み切れば、金融市場の動揺につながる 「レジームシフト(急激な変 化)」の引き金になるとの見通しを示し た。

サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁はどの金融政策会合にお いても利上げ開始は可能だと述べた上で、6月の会合にかけては「様子 見の姿勢だ」と述べた。

今週は小売売上高や鉱工業生産が発表されるほか、15日発表の消費 者マインド指数では2007年以来の高水準を維持すると予想されている。

S&P500種株価指数に採用されている企業が発表する業績は市場 予想を上回り、アナリストは見通しを修正している。S&P500種採用 企業の第1四半期利益は0.2%増、3月時点での見通しでは5.8%減とな っていた。ただアナリストはその後2四半期は減益が続くと見込んでい る。

シカゴ・オプション取引所(CBOE) のボラティリティ指数 (VIX)は0.7%低下して13.86。先週末は3月13日以来となる2週連 続上昇だった。

S&P500種産業別10指数は8指数が下落。素材株やテクノロジー 株、ヘルスケア関連株などが特に下げた。

衣料品のギャップは3.8%下落。4月の既存店売上高がアナリスト 予想を下回った。4月の既存店売上高は15%減、アナリスト予想は11% 減だった。

一方、エネルギー株は上昇。チェサピーク・エナジーやノーブル、 トランスオーシャンはいずれも上昇。

原題:U.S. Stocks Drop for Second Day as Bond Rout Spreads to Equities(抜粋)

◎米国債:上昇、投資妙味に買いが戻る-世界的な債券売りに一服感

12日の米国債相場は上昇。3年債入札で債券市場に買い控えの動き がないことが示され、相場が回復した。

3年債入札(発行額240億ドル)では、海外の中央銀行を含む間接 入札者の落札比率が2009年以降で最高となった。入札前の段階では世界 的な債券売りで、時価総額4500億ドル余りが吹き飛んでいた。期間が長 めの米国債の利回りは年初来の高水準を付けた後に低下した。

相場が2カ月で最大の下げとなった後、割安感から買いが戻った。 ここ3週間はポジションを手じまう動きが活発になり、世界的な債券売 りの動きが加速していた。

サウスウェスト・セキュリティーズのマネジングディレクター、マ ーク・グラント氏は「3年債入札に対する意欲は極めて高かった。利回 りが回復したことを考えれば意外ではない」と指摘。「利回りの上昇で 魅力が高まった」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りは前日比3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.25%。一時は昨年11 月14日以来の水準に上げた。同年債(表面利率2%、2025年2月償還) 価格は1/4上げて97 26/32。

既発3年債の利回りは2bp低下の0.97%。

3年債入札

この日の3年債入札では需要が過去の平均を上回った。間接入札者 の落札比率は52.7%で、最高落札利回りは1%だった。

野村ホールディングスの金利戦略責任者、ジョージ・ゴンキャルベ ス氏は「中央銀行が押し目で買っていた」と指摘。10年債については、 「利回りは2.25-2.30%付近と極めて魅力的な水準だ」と分析した。

今週は13日に10年債入札(発行額240億ドル)、14日に30年債入札 (同160億ドル)が実施される。

サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は どの金融政策会合に おいても利上げ開始は可能だと述べた上で、6月の会合にかけては「様 子見の姿勢だ」と述べた。

ウィリアムズ総裁は12日、ニューヨークで講演。原稿によると同総 裁は6月16-17日の次回連邦公開市場委員会(FOMC)会合までに発 表される経済データが「現在よりも景気の全体像をさらに詳しく映し出 すだろう」と発言。「いずれにせよ、今の段階で今後の金融政策の方向 性を決定する必要はない。データを注視し、様子を見ている」と続け た。

ここ2週間は、期間が長めの国債を中心に相場が下落。30年債は2 週間で8%超下げた。

原題:Treasuries Recover as Investors See Value After Global Bond Rout(抜粋)

◎NY金:反発、ドル下落や原油上昇でインフレヘッジの買い

12日のニューヨーク金先物相場は反発。ここ1週間では最大の上げ となった。ドルの下落や原油の上昇を背景に、価値保存手段としての金 の妙味が高まった。

TDセキュリティーズのシニア商品ストラテジスト、マイク・ドラ ゴシツ氏(トロント在勤)は電話インタビューで、「ドルの軟調で金市 場に資金が流入した」と指摘。「原油の値上がりに伴い、インフレ率が この先上昇し、市場の不意を突く可能性があるとの見方が広がってい る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.8%高の1オンス=1192.40ドルで終了。4日以来の大幅 上昇となった。

銀先物7月限は1.3%上げて16.526ドル。プラチナ先物7月限 は0.5%上昇の1133ドル。パラジウム先物6月限は0.6%高の785.15ド ル。

原題:Gold Jumps Most in a Week on Renewed Demand for Inflation Hedge(抜粋)

◎NY原油:大幅反発、60ドル台-需要見通し改善とドル安で

12日のニューヨーク原油市場ではウェスト・テキサス・インターミ ディエート(WTI)先物が大幅反発。石油輸出国機構(OPEC)が 世界の石油需要見通しを引き上げたことを好感。ドルの軟調も買い材料 となった。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の シニアアナリスト、ジーン・マクギリアン氏は「OPECが需要の伸び 予想を引き上げ、その一方で生産には減少の兆候が増えているため、市 場は堅調になった」と解説。「ドルが大きく下げ、原油市場の強気セン チメントを強めている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比1.50ドル(2.53%)高い1バレル=60.75ドルで終了。年初から は14%の値上がり。

原題:Crude Climbs Amid Improving Demand Outlook as Dollar Declines(抜粋)

◎欧州株:4日ぶり下落、ドイツ中心に下げる-国債の下げ拡大も注視

12日の欧州株式市場ではドイツ株が大きく下げ、指標のストックス 欧州600指数は4営業日ぶりに下落。ユーロ参加国の国債が下げ幅を拡 大する中、売りが優勢となった。

ストックス600指数は前日比1.3%安の396.09で終了。一時は2.1% 安となった。業種別では19指数全てが値下がり。ドイツとイタリア、ス ペインの10年物利回りが上昇した。

欧州中央銀行(ECB)による量的緩和(QE)プログラムを支え にストックス600指数は年初から21%上昇して4月に過去最高値を付け たが、その後は4.3%下落している。

ストアブランド・アセット・マネジメントで資産運用に携わるエス ペン・ファーネス氏(オスロ在勤)は「この日は広範囲にわたって弱 い」と指摘。「債券相場のボラティリティが高まっており、市場でQE への明るい姿勢が後退した状況が示唆されているかもしれない。それで も株式相場が今年、素晴らしいスタートを切った事実は歴然としてあ る。これを背景に一部投資家が利益を確定しようとするのは理にかなっ ていると私は思う」 と続けた。

この日の西欧市場では18カ国中16カ国で主要株価指数が下落。ドイ ツのDAX指数が最もきつい値下がりで1.7%下落。フランスの CAC40指数とスペインのIBEX35指数も1%を超える下げだった。

個別銘柄では、英格安航空のイージージェットが9.8%安。デンマ ークのビール醸造会社カールスバーグは4.7%下落。スイスの特殊化学 品メーカー、クラリアントは4.3%下げた。

原題:European Stocks Slide With German Equities as Bonds Deepen Rout(抜粋)

◎欧州債:ユーロ圏で下げ拡大-反転まだ見込めないとコメルツ銀指摘

12日の欧州債市場では、ユーロ参加国の国債を売る動きが強まり相 場は下げ幅を拡大。ドイツ国債プライマリーディーラーとして取扱額が 最大のコメルツ銀行は、上昇への反転を見込む時期ではないと指摘し た。

この日の欧州債下落には、米10年債利回りが前日に2月6日以降最 大の上昇を記録し週内の国債入札に備える投資家を動揺させた背景があ る。12日はオランダが10年債24億ユーロ相当、ドイツが2026年4月償還 のインフレ連動債をそれぞれ発行。イタリアは13日に最大70億ユーロの 国債入札を控えている。

コメルツ銀の債券ストラテジスト、クリストフ・リーガー氏は「目 新しいのは、米国側の状況が下げ材料となっていることだ」とし、「債 券の供給が増えるのも要因であることは明らかで、市場には下値を試そ うという雰囲気がまだあるかもしれない。今は大胆に出る時期ではな い」と語った。

ロンドン時間午後4時55分現在、ドイツ10年債利回りは前日比6ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.67%と、年初来の最 高まで10bpに接近。先月17日には0.049%と、これまでの最低を付け ていた。同国債(表面利率0.5%、2025年2月償還)価格はこの 日、0.595下げ98.365となった。

イタリア10年債利回りは8bp上昇の1.85%、同年限のスペイン国 債利回りも8bp上げて1.83%。

原題:Euro Debt Rout Deepens as Commerzbank Says Don’t Be a Hero Yet(抜粋)