米GM、死亡補償認定が100件に到達-点火スイッチ不具合問題

米ゼネラル・モーターズ(GM)の小型車の 点火スイッチの不具合が原因で死亡したと認定されたケースは100件に 達した。GMが被害者補償のために起用した弁護士の報告で明らかにな った。同弁護士は今年の夏までの審査プロセス完了を目指している。

11日に公表された最新データによれば、GMが補償のために設立し た基金の運用を託された弁護士ケネス・ファインバーグ氏はまだ死亡補 償申請37件と傷害補償請求589件を審査中。今月8日時点で、補償を認 められた傷害のケースは184件。

同基金の副管財人、カミール・ビロス氏は電話インタビューで、 「われわれは全ての審査が7月末までに完了することを望んでいる」と 語った。

原題:GM Ignition Deaths Rise to 100 as Fund Aims for July Finish (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE