世界の債券売り続く、独10年債利回り今年最高付近-ユーロ上昇

12日の金融市場で債券は世界的に下落。ドイ ツ10年債利回りは年初来の最高付近に達している。ギリシャ救済をめぐ る交渉が続く中で、ユーロは上昇。

ロンドン時間午前8時19分現在、ドイツ10年債利回りは5ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。ユーロは0.6%高の1ユーロ =1.1225ドル。前日までの3営業日では1.7%下落していた。

欧州中央銀行(ECB)の債券購入プログラムへの期待が債券相場 を極端な水準に押し上げ、それが「大規模かつ悪性の」欧州債一斉売り の引き金になったほか、他地域の市場にも影響したとゴールドマン・サ ックス・グループがリポートで指摘した。

ドイツ10年債利回りは一時0.692%に達した。4月17日は過去最低 の0.049%を付けていた。スペインとイタリア債利回りはそれぞれ8b p上昇。

ギリシャは11日のユーロ圏財務相会合で改革姿勢について債権者側 から一定の評価を得たが、融資承認には至っていない。ECBはギリシ ャの銀行向け流動性支援についての見直しを13日に行う。

原題:Bonds Extend Global Rout; Euro Gains While Region’s Stocks Slump(抜粋)

--取材協力:竹生悠子、Emma O’Brien.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE