米シカゴ市をジャンク級に格下げ、年金問題で-ムーディーズ

ムーディーズ・インベスターズ・サービス は12日、米シカゴ市の信用格付けをジャンク級(投機的水準)に引き下 げた。イリノイ州の年金改革は退職手当の削減を禁じる州の憲法に違反 しているとの判断を州最高裁が下したのを受け、市が年金積み立て不足 の解消で取り得る選択肢は狭まったと指摘した。

ムーディーズはシカゴの格付けを2段階引き下げ、「Ba1」とし た。81億ドル(約9700億円)相当の一般財源債が影響を受ける。格付け は今回の引き下げ前の段階で、既にデトロイトを除く90の米主要都市で 最も低かった。格付けアウトルック(見通し)は引き続き「ネガティブ (弱含み)」。2013年7月以降、ムーディーズは同市の格付けを計7段 階引き下げている。

原題:Chicago Rating Cut to Junk by Moody’s on Pension Struggle (1)(抜粋)

--取材協力:Elizabeth Campbell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE