NY金:反発、ドル下落や原油上昇でインフレヘッジの買い

12日のニューヨーク金先物相場は反発。ここ 1週間では最大の上げとなった。ドルの下落や原油の上昇を背景に、価 値保存手段としての金の妙味が高まった。

TDセキュリティーズのシニア商品ストラテジスト、マイク・ドラ ゴシツ氏(トロント在勤)は電話インタビューで、「ドルの軟調で金市 場に資金が流入した」と指摘。「原油の値上がりに伴い、インフレ率が この先上昇し、市場の不意を突く可能性があるとの見方が広がってい る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.8%高の1オンス=1192.40ドルで終了。4日以来の大幅 上昇となった。

銀先物7月限は1.3%上げて16.526ドル。プラチナ先物7月限 は0.5%上昇の1133ドル。パラジウム先物6月限は0.6%高の785.15ド ル。

原題:Gold Jumps Most in a Week on Renewed Demand for Inflation Hedge(抜粋)

--取材協力:Eddie van der Walt.