欧州株:下落、ドイツ中心に下げる-国債の下げ拡大も注視

12日の欧州株式市場ではドイツ株が大きく下 げ、指標のストックス欧州600指数は4営業日ぶりに下落。ユーロ参加 国の国債が下げ幅を拡大する中、売りが優勢となった。

ストックス600指数は前日比1.3%安の396.09で終了。一時は2.1% 安となった。業種別では19指数全てが値下がり。ドイツとイタリア、ス ペインの10年物利回りが上昇した。

欧州中央銀行(ECB)による量的緩和(QE)プログラムを支え にストックス600指数は年初から21%上昇して4月に過去最高値を付け たが、その後は4.3%下落している。

ストアブランド・アセット・マネジメントで資産運用に携わるエス ペン・ファーネス氏(オスロ在勤)は「この日は広範囲にわたって弱 い」と指摘。「債券相場のボラティリティが高まっており、市場でQE への明るい姿勢が後退した状況が示唆されているかもしれない。それで も株式相場が今年、素晴らしいスタートを切った事実は歴然としてあ る。これを背景に一部投資家が利益を確定しようとするのは理にかなっ ていると私は思う」 と続けた。

この日の西欧市場では18カ国中16カ国で主要株価指数が下落。ドイ ツのDAX指数が最もきつい値下がりで1.7%下落。フランスの CAC40指数とスペインのIBEX35指数も1%を超える下げだった。

個別銘柄では、英格安航空のイージージェットが9.8%安。デンマ ークのビール醸造会社カールスバーグは4.7%下落。スイスの特殊化学 品メーカー、クラリアントは4.3%下げた。

原題:European Stocks Slide With German Equities as Bonds Deepen Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE