12日のインド株式市場では指標のS&P・ BSEセンセックスが3営業日ぶりに下落した。取引終了後に発表され る4月の消費者物価指数が注目されている。

銅鉱石精製でインド最大手のベダンタは2カ月ぶりの大幅安。英高 級車メーカーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーター ズはここ5週間で最大の値下がり。インド・ステイト銀行を中心に銀行 株指数は3営業日ぶりに下落したほか、インド石油ガス公社 (ONGC)は約1週間ぶりの安値を付けた。

センセックスは前日比2.3%安の26877.48で終了。アジアの主要株 価指数の中で最大の下げとなった。

原題:India’s Sensex Falls Most in Asia Before Inflation, Factory Data(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE