米GE:仏アルストム事業買収案を修正も-承認獲得に向けて

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、仏 アルストムのエネルギー事業の大部分を124億ユーロ(約1兆6600億 円)で買収する計画の承認を得るために限定的な譲歩を行う用意がある と表明した。

GEパワー&ウォーターのスティーブ・ボルズ最高経営責任者 (CEO)は11日の電話インタビューで、「買収を完了するために是正 措置を探る用意がある。だが今回の買収の価値を信じている」と語っ た。

欧州連合(EU)当局はこれより数時間前にGEからの追加情報を 待つ間、審査を一時中断すると発表。8月6日の審査終了期限が延期さ れる可能性がある。

ボルズ氏によると、GEは今年7-12月(下期)の買収完了を予定 しているが、2014年の買収発表以降の手続きの遅れが「従業員と顧客の 先行き不透明感」につながっている。

GEの広報担当ディアドラ・ラトゥール氏は欧州委員会による審査 の遅れは「手続きに関する問題」との見方を示し、週内の審査再開を期 待していると述べた。

原題:GE Open to Changes in Alstom Purchase as EU Pauses Review (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE