米モルガン・スタンレー、石油事業をキャスルトンに売却へ

米モルガン・スタンレーは石油の実物取引な どを手掛ける部門をキャスルトン・コモディティーズ・インターナショ ナルに売却することで合意した。商品事業に充てる資本金の額を減らす のが狙い。

事情に詳しい複数の関係者によると、キャスルトンは同部門買収 に10億ドル(約1200億円)余りを支払う。モルガン・スタンレーの11日 の発表文によると、売却対象には実物の石油在庫と貯蔵契約、海運関連 の契約などが含まれる。売却が業績に重大な影響を及ぼすことはないと 説明した。

新資本規制や当局の監督強化を受けて商品部門の再編に数年をかけ て取り組んできたモルガン・スタンレーにとって、「石油マーチャンテ ィング」部門の売却は節目となる。同行は2012年に商品関連事業売却の 可能性について、ブラックストーン・グループとカタールの政府系ファ ンドと交渉した後、同部門をロシアの石油会社ロスネフチに売却するこ とに13年12月に合意。しかし、ロスネフチに対する米国の経済制裁が原 因で合意は昨年、白紙に戻っていた。

キャスルトンのウィリアム・リード最高経営責任者(CEO)は別 の発表資料で、今回買収する事業は「当社の既存の実物石油・製品プラ ットホームの自然な延長線上にある」とコメントした。

原題:Morgan Stanley to Sell Oil-Merchanting Unit to Castleton (1)(抜粋)