NY銅:下落、中国利下げでも需要回復に不十分との懸念で

11日のニューヨーク銅先物相場はここ2週間 余りで最大の下げとなった。利下げだけでは、世界最大の金属消費国で ある中国の需要押し上げに不十分だとの懸念が広がった。

中国人民銀行(中央銀行)は過去半年で3回目の利下げを実施し、 貸出基準金利(期間1年)を0.25ポイント下げて5.1%にすると発表し た。中国で景気鈍化の兆しが見られる中、銅先物相場はここ1年間で約 8%下落している。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物7 月限は前週末比0.6%安の1ポンド=2.903ドルで終了。下落率は中心限 月としては先月22日以降で最大。

ロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ月物)は0.4%安の 1トン=6365ドル。LMEではアルミニウムと亜鉛、鉛、ニッケル、ス ズも下落した。

原題:Copper Falls Most in Two Weeks as China Rate Cut Seen Inadequate(抜粋)

--取材協力:Alex Davis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE