NY原油:反落、ブレントは3日続落-供給超過の長期化警戒

11日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。ロンドンの北 海ブレント原油は3営業日連続安となった。モルガン・スタンレーとバ ークレイズは、大西洋などでの過剰生産が原油相場の上昇を抑制する可 能性があると分析。供給超過が長期化するとの見方から売りが優勢とな った。

エナジー・アナリティクス・グループのディレクター、トム・フィ ンロン氏(フロリダ州ジュピター在勤)は電話取材に対し、「大西洋海 盆には原油が過剰にある」と指摘。「北海原油だけでなく、ナイジェリ アからも大量の原油がタンカーで運ばれている。紛争で混乱しているリ ビアでさえも原油を積み出している状況だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前週 末比14セント(0.24%)安い1バレル=59.25ドルで終了。ロンドン ICEのブレント6月限は48セント(0.7%)下げて64.91ドル。

原題:Oil Retreats on Speculation Global Crude Supply Glut to Endure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE