ギリシャ、救済協議が進展-IMFへの12日支払いも実施へ

更新日時

ギリシャの救済をめぐる債権者側との交渉は 進展した。ギリシャは財政緊縮措置の実施に真剣に取り組む意向をドイ ツ主導の債権者側にひとまず納得させた。

約3週間前の前回の会合は物別れに終わったが、ギリシャのバルフ ァキス財務相は支援プログラムの最終分の融資を獲得するために必要な 譲歩の用意があると債権国側を納得させた。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長のデイセルブルム・オ ランダ財務相は11日、ブリュッセルでの会合後に記者団に対し、「進展 は加速している。幾つかの重要な点が徹底的に協議された。ただ、包括 的合意に達するために残る隔たりを埋める時間が今少し必要だ」と語っ た。

ユーログループからの緩やかな支持が欧州中央銀行(ECB)によ るギリシャの銀行向け流動性支援の維持につながるかどうかは不透明 だ。ECBは支援について今週も協議する。一部の政策委員は担保の割 引率引き上げを主張している。

ギリシャは12日が期限の国際通貨基金(IMF)への約7億5000万 ユーロ(約1000億円)の返済も履行する。支払い指示を11日に出したと ギリシャ当局者2人が明らかにした。IMFへの支払いやECBへの返 済など、ギリシャは今後も返済に追われる。

原題:Greece Dodges Economic Bullet, Makes Progress on Aid Pact (抜粋)

--取材協力:James G. Neuger、Jonathan Stearns、Karl Stagno Navarra.