アジア・太平洋株式サマリー:中国、香港株上昇-インド続伸

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【中国・香港株式市況】

11日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が2週間ぶりの大幅高と なった。中国人民銀行(中央銀行)が景気下支えに向けてここ半年で3 度目となる利下げに踏み切ったことを受け、金融株とテクノロジー銘柄 主導で上げた。

中信銀行(601998 CH)と中国人寿保険(601628 CH)、保利房地産 集団(600048 CH)がいずれも1.9%以上の値上がり。鵬博士電信伝媒集 団(600804 CH)と国電電力発展(600795 CH)は共に少なくとも4.8% 高となり、テクノロジー銘柄と電力株も買われた。

上海総合指数は前週末比3%高の4333.58で引けた。CSI300指数 は同2.9%高。小型株の指標である創業板(チャイネクスト)指数 は5.8%高となり、過去最高値を更新した。

香港上場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が1%高で終了。ハンセン指数は0.5%高。

申万宏源のトレーダー、ジェリー・アルフォンソ氏(上海在勤)は 「中国A株市場は政策感応度が非常に高く、この種の発表は実際の利下 げ効果とシグナル効果の2つの効果を持つ傾向にある」と指摘。中国当 局にとっては「緩和策と刺激策を講じる余地が相当」残っているとコメ ントした。

【インド株式市況】

11日のインド株式市場では、指標のS&P・BSEセンセックスが 続伸。金属株と自動車関連銘柄の上げが目立った。中国の利下げを手掛 かりに、アジア全体でも株高となった。

インドのアルミ・銅生産会社、ヒンダルコ・インダストリーズが大 きく上げたほか、タタ・スチールは4営業日ぶりに値上がり。二輪メー カーのヒーロー・モトコープは約6カ月ぶりの大幅高、英高級車メーカ ーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーターズは2週間 ぶりの高値を付けた。構成銘柄の中で、インド・ステイト銀行の上昇率 が最高だった。

センセックスは前週末比1.5%高の27507.30で終了。2営業日の上 昇率としては昨年5月以降で最大。MSCIアジア・太平洋指数はこの 日、0.4%上昇。中国人民銀行(中央銀行)はここ半年で3度目となる 利下げに踏み切った。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比0.2%安の5625.24。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比0.6%高の2097.38。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比0.3%安の9663.72。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE