11日のインド株式市場では、指標のS&P・ BSEセンセックスが続伸。金属株と自動車関連銘柄の上げが目立っ た。中国の利下げを手掛かりに、アジア全体でも株高となった。

インドのアルミ・銅生産会社、ヒンダルコ・インダストリーズが大 きく上げたほか、タタ・スチールは4営業日ぶりに値上がり。二輪メー カーのヒーロー・モトコープは約6カ月ぶりの大幅高、英高級車メーカ ーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーターズは2週間 ぶりの高値を付けた。構成銘柄の中で、インド・ステイト銀行の上昇率 が最高だった。

センセックスは前週末比1.5%高の27507.30で終了。2営業日の上 昇率としては昨年5月以降で最大。MSCIアジア・太平洋指数はこの 日、0.4%上昇。中国人民銀行(中央銀行)はここ半年で3度目となる 利下げに踏み切った。

原題:Indian Stocks Gain for Second Day as Metalmakers Rally on China(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE