ユーロと周辺国債が下落、ギリシャの支援獲得は困難伴う公算

更新日時

11日の金融市場でユーロとスペイン・イタリ ア国債が下落。ギリシャの金融支援獲得には困難を伴うとの見方を背景 に下げた。

ロンドン時間午前8時10分現在、ユーロは対ドルで0.2%安の1ユ ーロ=1.1176ドル。スペインとイタリアの10年債利回りは少なくとも5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。ドイツ債は前週末と ほぼ変わらずとなっている。

ユーロ圏財務相らは11日に会合を開くが、ギリシャ向けの追加支援 に対する慎重論が高まっている。コモンウェルス銀行のストラテジス ト、ジョゼフ・カパーソ氏は、会合では恐らく「結論がまた少し先送り される」と予想。ギリシャの将来をめぐる不透明感は続くだろうと述べ た。

ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・ CSU)陣営の一部議員は、ギリシャのユーロ圏残留を目指す首相のス タンスに公然と異議を唱えている。また、ショイブレ独財務相は独紙フ ランクフルター・アルゲマイネとのインタビューで、国家が手違いによ ってデフォルト(債務不履行)に陥ることはあり得ると警告した。

原題:Europe Bonds Drop on Greece; Asia Stocks Rise on China Rate Cut(抜粋)

--取材協力:Tom Redmond、竹生悠子、Emma O’Brien、Kana Nishizawa、Anna Kitanaka.