米金融当局:データと市場の反応両にらみへ-ショック回避で

利上げ決定はデータ次第とする米金融当局 も、それが「言うはやすし」であることを思い知らされるかもしれな い。

明示的なガイダンスに代わってイエレン米連邦準備制度理事会 (FRB)議長率いる当局が採用した新戦略では、経済動向に従って政 策を調整することが必要になる。

その結果、投資家が米金融当局の決定を予想するのは一層困難にな り、サプライズによって債券利回りが急上昇し、企業の投資を抑制した り住宅部門の回復を損なったりすれば、経済成長を阻害しかねない。

米当局者は、意図的に慎重なペースで利上げを重ねていった前回の 引き締めサイクルからの教訓を生かしたいと同時に考えている。

前回は一律の引き締めペースを保ったことで、ボラティリティを抑 え込んで大々的な住宅投機を促し、金融危機をあおることになったとの 批判の声もあるからだ。

このため、米金融当局は絶妙なバランスを維持しなければならな い。これは必要に応じて利上げのペースを変化させる柔軟性を確保する 一方、1-3月(第1四半期)にほぼ足踏み状態となり、なお脆弱(ぜ いじゃく)な米経済への衝撃を避けるため、十分に予測可能な道筋をた どることを意味する。

SGアメリカズ・セキュリティーズのレートセールズストラテジス ト、オメイア・シャリフ氏は米金融当局について、「ある程度データ次 第でいくだろうが、市場のデータへの反応の仕方にも対応することにな るだろう。無用なボラティリティを引き起こすことに過度に神経質にな っているようだ」と指摘した。

原題:Follow-the-Data Fed May Play Follow-the-Markets to Avoid Shock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE