小麦の投機家、これまでで最も弱気-米カンザス州乾燥緩和で

米カンザス州の乾燥していた小麦産地に雨が 降り、小麦価格が弱気相場から抜け出す可能性が低下している。

世界最大の小麦輸出国である米国では土壌水分が改善したため生産 高が増加するとの見方が強まった。既に世界の小麦在庫は4年ぶりの高 水準に達すると予想されている。投機家による相場下落を見込む売り越 しは4週連続で過去最大を更新。その後、現地調査に基づき、カンザス 州の小麦生産が17%増加するとの見通しが示された。同州は米最大の冬 小麦産地。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、小麦の先物 とオプションの売越残高は5日終了週に4.2%増の11万1409枚と、デー タ集計が始まった2006年以降で最大。投機家は1月半ば以降、弱気姿勢 を示している。

原題:Wheat Speculators Most Bearish on Record as Kansas Drought Eases(抜粋)

--取材協力:Jeff Wilson.