CD・DVD駆動装置メーカー、EU制裁金の可能性-関係者

欧州連合(EU)から3年前に価格操作を警 告する異議告知書を受領したCD・DVD駆動装置メーカーは、今後数 カ月以内に制裁金を科せられる可能性がある。調査に詳しい関係者3人 が明らかにした。

匿名を条件に語った関係者2人によると、EU当局者は7月末に夏 休みに入る前に制裁措置を発表する可能性がある。関係者の1人の話で は、EUの行政執行機関である欧州委員会は、制裁金を算定するため対 象企業に売上高の数字を提供するよう要請したという。

関係者1人によれば、2012年に異議告知書を受け取った日立製作所 と韓国のLG電子の合弁会社である日立エルジーデータストレージなど が恐らく制裁金の対象になる。蘭ロイヤル・フィリップスは、この件で 制裁金を免れたことを明らかにしている。

欧州委は競争法に基づく異議告知書で、13社が少なくとも5年間に わたり結託してパソコン(PC)やサーバーのメーカーに販売する光デ ィスク駆動装置の価格操作を行っていたと主張していた。

LG電子は、法律担当チームからの電子メールの声明で、EUの調 査を確認したが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。日立の広報担 当、柴谷啓策氏はこの問題についてコメントを控えた。

原題:CD, DVD Drive Makers Said to Face Possible EU Antitrust Fines(抜粋)

--取材協力:Jungah Lee、天野高志、Pavel Alpeyev.