独首相はユーロのためにギリシャに見切りを-与党内から圧力

ドイツのメルケル首相は連立与党内の一部議 員から、ユーロのためにギリシャに見切りを付けるよう一段と強い圧力 を受けている。

メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟 (CDU・ CSU)陣営の一部議員はギリシャのユーロ圏残留を目指す首相のスタ ンスに公然と異議を唱えている。事情に詳しい関係者2人によれば、独 財務省の一部当局者もギリシャが離脱した方がユーロ圏は良くなるとの 立場に傾きつつある。

同陣営のラドワン議員はインタビューで、「ギリシャが離脱すれば ユーロは強くなるだろう」と発言。「他の国も一段と結束して動けるだ ろうし、ルールをより厳格に適用できるようになる」と説明した。同議 員は2月にギリシャ救済の暫定的な延長に賛成票を投じた。

原題:Merkel Pressed to Give Up on Greece as Germans Urge Strong Euro(抜粋)

--取材協力:Arne Delfs、Birgit Jennen.