米モンサント、シンジェンタに5.4兆円の買収案提示-関係者

更新日時

種子開発で世界最大手の米モンサントはスイ スのシンジェンタに対し、当初の提案として同社の価値を約450億ドル (約5兆4000億円)と評価する買収案を提示した。事情に詳しい複数の 関係者が明らかにした。

同関係者によると、モンサントは1株当たり約450スイス・フラン の条件を提示。これはシンジェンタ株の直近終値に対し35%のプレミア ム。シンジェンタはこれを拒否したが、モンサントが再度提案を行うこ とや交渉開始の余地を残しているという。情報の非公開を理由に匿名で 語った。

シンジェンタは農薬メーカーで世界最大手、モンサントはトウモロ コシや大豆など遺伝子組み換え作物の世界市場で支配的な地位にある。 両社が統合すれば、種子と農薬の両方で世界最大手となり、ドイツのバ イエルやBASF、米ダウ・ケミカル、デュポンなど農業事業を展開す る企業の前に立ちはだかることになる。

時価総額約340億ドルのシンジェンタはモンサントとの統合に懸念 を持っており、両社は合意に達しない可能性もあると、事情に詳しい複 数の関係者が先週語っている。関係者1人はその時点で、独占禁止法上 の問題に対処するためモンサントは事業売却を盛り込む案を計画してい ると話していた。

モンサントの広報担当リー・クォールズ氏はコメントを控えた。シ ンジェンタの広報担当ポール・マインハート氏に対し営業時間外に電話 で取材を申し込んだが、今のところ回答は得られていない。

両社は昨年、統合の可能性についてアドバイザーと予備的な協議を 行ったが、独禁問題や会社移転などをめぐる懸念から合意には至らなか った。事情に詳しい複数の関係者が当時明らかにした。

原題:Monsanto Said to Make Preliminary $45 Billion Offer for Syngenta(抜粋)

--取材協力:Jack Kaskey.