中国の銀行、不良債権が04年以降で最大の増加-1~3月期

中国の銀行の不良債権は1-3月(第1四半 期)にここ10年余りで最大の増加となった。不動産市況低迷と景気減速 が重なり、債務不履行が広がった。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が8日発表した声明によれ ば、不良債権は3月末時点で9825億元(約19兆円)と、年初から1400億 元増えた。入手可能な2004年からの四半期データでは、最大の増加とな った。14年の年間ベースでの新規不良債権の約56%に相当する。

3月末の不良債権比率は昨年末から14ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)上昇し1.39%と、5年ぶりの高水準。不良債権に対する 引き当てを測るカバレッジレシオは212%と、10年9月以来の低水準と なった。

中国の銀行の1-3月利益は計4436億元と、前年同期比で3.7%増 えた。

原題:China Banks’ Sour Loans Surge Most Since 2004 as Economy Slumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE