新興市場株:上昇、中国の追加刺激策観測で-インド株反発

8日の新興市場株は上昇。週間ベースでは約 2カ月ぶりの大幅な下げとなったものの、下げ幅は縮小した。インド株 が反発したことに加え、弱い貿易統計を発表した中国が追加的な景気刺 激策を講じるとの観測が強まった。

インド株の指標であるS&P・BSEセンセックスは1.5%高。製 薬会社シプラが高い。香港のハンセン中国企業株(H株)指数は1.5% 上昇し、4営業日ぶりに反発。中国太平保険は9.7%高。中国のテクノ ロジー業界の大物2人が同社の17億ドル(約2000億円)規模の増資に参 加したことが、事情に詳しい複数の関係者の話で明らかになった。イン ド・ルピーは対ドルで0.4%高と、6営業日ぶりに反発。

MSCI新興市場指数は香港時間午後1時52分(日本時間同2時52 分)現在、前日比0.5%高の1029.49。週間では1.6%下げている。

原題:Emerging Stocks Pare Weekly Decline Amid China Stimulus Bets(抜粋)