中国株:上海総合指数が反発、刺激策期待で-週間の下げ縮小

更新日時

8日の中国株式市場では、上海総合指数が反 発。週間ベースでの下げを縮めた。弱い貿易統計が発表され追加刺激策 が講じられるとの見方が強まったほか、深圳と香港の両証券取引所の接 続が年内に開始されるとの観測が広がった。

深圳に拠点を置くテクノロジー銘柄を中心に上昇し、鼎捷軟件 (300378 CH)と上海網宿科技(300017 CH)が共に10%の値幅制限いっ ぱい上昇。家電製品の小売りチェーンを展開する蘇寧雲商集団(002024 CH)も10%値上がり。国務院が景気支援のために電子商取引企業の発展 を促進する方針を示した。

この日発表された4月の輸出は人民元ベースで前年同月比6.2%減 少。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は0.9%増加だった。

上海総合指数は前日比2.3%高の4205.92で終了。前日までの3日間 で8.2%下落していた。今週の下落率は5.3%と、2010年7月以来最大。 CSI300指数は前日比2%高。

ベアリング・アセット・マネジメントのアジア担当マルチアセット 戦略責任者、キエム・ドゥ氏(香港在勤)は「政府は世界の貿易が鈍化 しつつあり国内経済も減速しつつあることを認識している」と指摘。 「追加刺激策を見込んでいる。深圳と香港の証取接続が10-12月(第4 四半期)に開始されるとの報道もセンチメントを後押しした」と述べ た。

香港市場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が前日比2%高、ハンセン指数は同1.1%高で引けた。

原題:China’s Stocks Rise as Weak Trade Data Spur Stimulus Speculation(抜粋)