中国アリババに必要なのは財務に明るいCEO-張氏は適任

中国最大の電子商取引会社アリババ・グルー プ・ホールディングの馬雲(ジャック・マ)会長は過去に、「唯一恐れ るものがあるとすれば、最高経営責任者(CEO)のように振る舞う最 高財務責任者(CFO)だ」と発言したことを認めている。今のアリバ バに必要なのは、まさに財務に明るいCEOだろう。

アリババは、張勇最高執行責任者(COO、43)が今月10日付で陸 兆禧CEOの後任に就任する人事を発表。過去6カ月で最大900億ドル (約10兆8000億円)失われた時価総額の回復に取り組む中、今回の人事 は基本に重点を置いたアリババの姿勢を示している。

張氏は8年前にアリババの取引サイト「淘宝網」にCFOとして入 社し、2013年にアリババCOOに就任。在任中はアリババの電子商取引 プラットフォーム構築に携わり、11月11日の「独身の日」を同社にとっ て最大の販促イベントとするのに貢献した。

アリババにとって極めて重要な時期に張氏はCEOに指名された。 中国経済が減速する一方で、同業他社との競争は激化している。同社は 先週、人員採用を凍結していることを明らかにした。

投資家が7日の発表を好感したことは張氏にとってプラスだ。この 日のニューヨーク市場でアリババ株は約8%上昇した。

原題:A Former Accountant Might Be Just What Alibaba Needs in a CEO(抜粋)

--取材協力:Lulu Yilun Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE