母の日にはせめて花を贈ろう-米売り上げ、過去最高の見通し

手紙は書かないし、電話もしないというあな た。母親のためにせめてできることは5月10日の母の日に花を買うこと だろう。

母の日は、バレンタインデーよりも多くの花が売れることはご存じ だっただろうか。米国では今年の母の日の花の売上高が過去最高に達す ると予想されている。それは、子供が母親をどれだけ愛しているか、あ るいは、手紙を書いたり電話をかけたりしないことに、どれほど罪悪感 を感じているかを示している。

理由はともあれ、全米小売業協会(NRF)によれば、母の日を祝 う人の3分の2以上が母親のために花を買うと見込まれる。花よりも人 気が高い贈り物はグリーティングカードだけだ。

母親への愛情表現として新鮮で香り高い花を贈ろうとする人が増え るため、ジョン・クロミダス氏がニューヨークで運営する花店、レキシ ントン・フラワー・ショップは通常より店員を3人増やし、営業時間を 延長する。

クロミダス氏は6日、マンハッタンのミッドタウンにある同店でバ ラの茎を切りながら「この時期は商品が売り切れる。母親にはそれぞれ お気に入りの花というものがある。今年最も売れているのはシャクヤク とライラックだ。ランも人気があり、ここ5年間でこの市場に出回るよ うになった」と話す。

花卉(かき)市場を20年余りにわたって調査しているプリンス・ア ンド・プリンス(オハイオ州)のトム・プリンス社長は、米国人が母の 日に切り花や屋内用の鉢植えの花に支出する総額は今年、約39億ドル (約4700億円)に達すると予想している。これは、少なくとも1996年以 降で最高。同社が前回調査を実施した2013年は36億ドルだった。

原題:Least You Can Do Is Add to Record Flower-Buying on Mother’s Day(抜粋)