豪中銀:成長見通し引き下げ、失業増加を予想-政策調整も

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は8日 公表した四半期金融政策報告で、成長見通しを引き下げ、失業増加を予 測した。さらに、民間設備投資が伸び悩み、中国の経済シフトが難航し ていることから、必要なら政策を調整する用意があると表明した。

豪中銀は「見通しの評価を継続するとともに、需要の持続可能な成 長を促すため必要に応じて政策を調整する」と説明。「豪経済成長は先 の予想よりもやや長期にわたって平均を下回るペースが続く見込みだ」 と分析した。

豪中銀は5日、政策金利を過去最低の2%に引き下げ、利下げが 「家計需要の最近の明るい傾向を促進する」との認識を示した。そうし た前向きのコメントに加え、追加利下げの可能性が示唆されなかったこ とで、緩和サイクルが終了したとの観測が強まった。しかし、この日の 報告書ではより悲観的な見通しが描かれている。

豪中銀は2015-16年の成長率見通しを2月時点の予想から0.5ポイ ント引き下げ2-3%としたものの、17年6月までの1年間の成長率は 「平均を上回るペース」に加速すると予想。インフレ率は中銀の目標レ ンジ内かそれをやや下回る水準にとどまると予測している。失業率は現 在の6.2%からさらに上昇して来年半ばに6.5%でピークに達し、「より 長期にわたり高止まりする」見込みだとした。

原題:RBA Sees Slower Growth Lifting Unemployment as Firms Wary (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE