フィットビット、米IPOを申請-健康管理リストバンド製造

フィットネス管理機能を備えたリストバンド を製造する米フィットビットが7日、ニューヨーク株式市場での新規株 式公開(IPO)に向けて申請を行った。

フィットビットが同日提出した目論見書によると、IPOの規模は 1億ドル(約120億円)。ただ、これは手数料算出を目的に記載された ものであり、今後変わる可能性がある。事情に詳しい関係者は昨年12 月、同社がIPOで約1億5000万ドル調達する可能性があると語ってい た。

フィットビットはニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を 計画。IPOに向けてモルガン・スタンレーとドイツ銀行、バンク・オ ブ・アメリカと協力している。

同社の株式上場はウエアラブル技術分野のIPOとしては最初とな る見込み。同社は目論見書で競争相手に「アップルウオッチ」を挙げ た。

目論見書によると、2014年の売上高は7億4540万ドルと前年の2 億7100万ドルから大幅増加。昨年の販売台数は1090万台、1億3200万ド ルの黒字だった。調達資金は運転資金やその他の一般的な企業目的に充 てる予定。

ジュニパー・リサーチが昨年公表したリポートによれば、フィット ネス管理機能を持つウエアラブル機器の数は18年までに7000万台余りと 3倍超に膨らむと予想されている。

フィットビットは米マイクロソフトのリストバンド型ウエアラブル 端末「マイクロソフト・バンド」やジョウボーンとも競合する。

原題:Fitbit Files for U.S. IPO of Fitness-Tracking Device Maker (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE