独シーメンス:4500人追加削減へ-原油安が利益を圧迫

更新日時

欧州最大のエンジニアリング会社、ドイツの シーメンスは7日、4500人の追加人員削減を発表した。同社の1-3月 (第2四半期)決算は原油安の影響でアナリストの予想を上回る減益と なった。

発表資料によると、工業部門の利益は4.9%減の16億6000万ユーロ (約2250億円)。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は17 億1000万ユーロだった。売上高は8.1%増の180億ユーロ。

同社はこの日、2015年9月期の1株利益が前期の6.37ユーロから少 なくとも15%増となるとの見通しを確認した。また工業部門の売上高利 益率は10-11%になるとの予想も据え置いた。

シーメンスのジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)はこの6 カ月で9000人の削減を発表していた。

原題:Siemens Cuts Another 4,500 Jobs as Oil Decline Burdens Profit(抜粋)