米国債:30年債が7週ぶり大幅高、世界的な国債売りに一服感

更新日時

7日の米国債市場では30年債相場が7週間ぶ りの大幅高となった。過去1週間ほどは世界的な国債安局面で下げてい た。

ドイツ国債の下落を反映し、米国債利回りは昨年11月以来の高水準 に達していた。今年に入り欧州の国債利回りが過去最低水準に低下した ため、より高い利回りを求めて米国債に海外から資金が流れたが、前月 に原油価格と共に欧州国債の利回りは上昇し始めた。8日発表の米雇用 統計では雇用者数の回復が見込まれている。

ED&Fマン・キャピタル・マーケッツの債券金利・信用責任者、 トーマス・ディガロマ氏は「大規模な買いを引き寄せられる水準に達し た」と指摘。利回りは「当面の最高水準を付けただろう」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、30年債利回りは前日比8ベーシスポイント(bp、1 b p=0.01%)低下の2.91%。同年債価格(表面利率2.5%、償還期 限2045年2月)は1 17/32高の91 27/32。利回りは昨年11月24日以来の 高水準を付ける場面もあった。

世界的な混乱で債券市場では4360億ドルが吹き飛び、米国債のボラ ティリティを測るバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの MOVE指数は7日連続で上昇。90.99と、3月3日以来の高水準とな った。

ペイデン・アンド・ライジェルのマネジングプリンシパル、ジェー ムズ・サーニ氏は「どのような動きも市場には誇張された影響を与える だろう。重大な調整局面の真っただ中にある」と述べた。

10年債

10年債利回りは一時、2.31%と昨年12月8日以来の水準に上昇した 後、6bp低下の2.18%で推移している。ドイツ10年債利回り は0.59%。一時は19bp上昇の0.78%と、12月8日以来の高水準となっ た。

ブルームバーグがまとめた終値ベースのデータによると、ドイツ10 年債に対する米10年債の上乗せ利回りは159bpと、2月6日以降で最 小となった。3月11日には190bpだった。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ債券ストラテジスト、 ガイ・リーバス氏(フィラデルフィア在勤)は「押し目買いの兆候が出 ている。ドイツ債への売りが弱まっており、利回りは低下するはずだ」 と指摘した。

雇用統計

4月の雇用統計で非農業部門雇用者数は22万8000人増が予想されて いる。第1四半期の経済成長率が弱い内容となった後、最近は強弱まち まちの統計が目立つ。

ニューヨーク原油先物6月限は3.27%安い1バレル=58.94ドルで 終了。3月中旬以降の50%に及ぶ上げを縮小した。

原題:Treasury Bonds Rallies Most in Seven Weeks to Snap Losing Streak(抜粋)