元みずほトレーダーのヘッジファンド、4月のリターン19%

みずほフィナンシャルグループの元アジア債 券トレーディング責任者ジェフリー・ヤップ氏が率いるヘッジファンド のリターンが、4月に月間で過去最高の推定プラス19%に上った。中国 への投資が寄与した。

このヘッジファンドは「アーク・アジア・アクセス・マスター・フ ァンド」。最高投資責任者(CIO)を務めるヤップ氏によると、年初 からの累計リターンはプラス29%となった。同ファンドを運用するアー ク・ワンは香港に本社を置き、昨年6月に取引を開始。運用資産規模 は2500万ドル(約30億円)余りで、中国を対象とした政府と民間のクレ ジットに重点を置く。

4月には中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を1ポイント引き 下げた。これは世界的な金融危機以降で最大の下げ幅だった。佳兆業集 団が中国の不動産開発会社として初めてドル建て債でデフォルト状態に 陥るなど、この月は債務不履行が続いたが、預金準備率引き下げや他の 改革措置が市場を落ち着かせることにつながった。

ヤップCIOは「中国が一連の政策を打ち出し、それが世界市場に 対する中国市場のリスクプレミアムを縮小させるとわれわれは予想して いる。中国のクレジットや株式は世界的なバリュエーションに追い付き つつあるように思える」と述べた。

原題:Former Mizuho Trader’s China Bet Gives Hedge Fund 19% April Gain(抜粋)