イエレン議長が起こさせた「かんしゃく」-世界で利回り上昇

7日の債券市場は最近の下げの流れを引き継 ぎ日本国債もオーストラリア国債も下落。ニュージーランドでは投資家 が高い利回りを求め、インフレ連動債の入札が成立しなかった。

前日にはイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が長期金利 は低いと指摘し、米国の10年国債利回りが2カ月ぶり高水準の2.26%に 達したが、日本とドイツの利回りは米国よりさらに少なくとも160ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低い。

野村ホールディングスでドル金利トレーディングのアジア太平洋地 域責任者を務めるジョン・ゴーマン氏は「債券の強気相場は終わりつつ あるとの認識がある」と述べた。

オーストラリアの10年債利回りは一時、昨年12月以来の高水準 の3.03%となった。ドイツ債利回りは6日に今年最高の0.6%に達し た。

米国債利回りは7日のアジア時間の取引でほぼ変わらず。一部投資 家の買いを誘うほど利回りが上昇したようだとゴーマン氏は指摘した。

原題:Yellen Sparks Bond Tantrum as Yields Soar From Sydney to Tokyo(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE