中国株:上海総合指数、3日続落-電力株や工業株が値下がり

更新日時

7日の中国株式市場では上海総合指数が3日 続落。3日間の下落率は2013年6月以来の大きさとなった。新規株式公 開(IPO)で既存銘柄から資金が流出するとの懸念に加え、バリュエ ーション(株価評価)が行き過ぎとなっているとの見方や当局が信用取 引を規制する措置を講じるとの観測が広がった。

この3カ月間に最も大きく値上がりした電力株や工業株が下げの中 心。中国中鉄(601390 CH)や華電国際電力(600027 CH)は9%を超え る値下がり。貿易統計の発表を8日に控え、ペトロチャイナ(中国石 油、601857 CH)や海運株も安い。

上海総合指数は前日比2.8%安の4112.21で終了。3日間の下落率 は8.2%に達した。CSI300指数は前日比1.8%安。

モルガン・スタンレーのアジア・新興市場担当戦略責任者、ジョナ サン・ガーナー氏(香港在勤)は7日の電話インタビューで、人民元建 てA株は「リスクに対するリターンが悪化しつつある」と指摘。「ボラ ティリティ(変動性)が高まる公算が大きい」との見方を示した。

香港市場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が前日比1.6%安、ハンセン指数は同1.3%安で引けた。

原題:China’s Stocks Cap Biggest Three-Day Rout Since June 2013 、Hong Kong Stocks Fall 6th Day as Evergrande, China Mengniu Drop(抜粋)