クレディS次期CEO、市場の流動性に懸念-ダイモン氏に同調

英保険会社プルーデンシャルの最高経営責任 者(CEO)で、クレディ・スイス・グループのCEOに来月就任する ティジャーヌ・ティアム氏は、規制強化の結果として一部の市場で起き る急変動に投資家は備えるべきだと述べ、米銀JPモルガン・チェース のジェイミー・ダイモンCEOに同調する見解を明らかにした。

ティアム氏は6日のブルームバーグテレビジョンとのインタビュー で、「規制によって構造的に多くの主要市場の流動性が低下しており、 流動性に関係する突発的な出来事が予想できる。ジェイミー・ダイモン 氏が書簡でその点を強調したことは正しかったと思う。それはわれわれ が身を置く新たな世界が抱える構造的な問題だ」と語った。

ダイモンCEOは株主に宛てた先月の書簡で、昨年10月15日に起き た米国債市場の急変動を投資家に対する「威嚇射撃」と表現し、証券の 不足が次の金融危機を深刻化させる危険があると指摘した。ブラックロ ックのフィリップ・ヒルデブランド副会長もクレジット市場が過熱リス クに直面しているとその後発言し、ダイモン氏と同じ考えを示した。

ティアム氏は「市場は変化を好まず、今は極端な環境にもかかわら ず、そこに慣れて安住している。状況が変われば、こうした期待は全て 調整され、同じ取引が積み上がっている事実を知ることになる」と述べ た。

原題:Thiam Signals Liquidity Concerns, Echoing Dimon’s Bond Warning(抜粋)

--取材協力:Guy Johnson、Francine Lacqua.