外為市場が「かんしゃく」、ドル下落-FRB議長発言も圧力

市場が「かんしゃく」を起こす原因を作り得 るのは、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ前議長だけでは ない。

ドル指数は6日、欧州の債券利回りの上昇で米国資産への需要が後 退する中、3カ月ぶりの低水準となった。ゴールドマン・サックス・グ ループはこうした状況を受けて、バーナンキ前議長が2013年にきっかけ を作った「テーパータントラム」を引き合いに出した。テーパーは量的 緩和の縮小、タントラムはかんしゃくを意味する。この日のイエレン現 FRB議長の発言も拍車を掛けた。利上げに伴い長期金利が急激に上昇 する可能性があると述べ、米国株と債券が下げた。

クレディ・スイス・グループの外為ストラテジスト、マット・ダー 氏(ニューヨーク在勤)は「ここ数カ月の重要なテーマが大きく反転し つつある。それが、リスクテークの抑制やポジションの縮小、より広範 なレバレッジの低下につながっている」と述べ、ドルへの圧力になって いると説明した。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数はニューヨーク時間午後5時(日本時間7日午前6時)現 在、0.7%低下して1160.75と、終値ベースで2月5日以来の低水準。同 指数は4月に3%低下している。

ドルはユーロに対して1.4%安の1ユーロ=1.1347ドル。対円で は0.3%安の1ドル=119円46銭だった。

ゴールドマンはドルの下落は続かないとの予想を示し、現在は買い の好機だと指摘した。

原題:Dollar Tantrum Screams Louder as Data Cast Doubt on Fed Timing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE