アリババの中国部門の成長鈍化、時価総額700億ドル減少

中国最大の電子商取引会社アリババ・グルー プ・ホールディングの馬雲(ジャック・マ)会長は昨年250億ドル(現 行レートで約3兆円)規模の新規株式公開(IPO)を実施した後、同 社が高い期待を集めたことによって危険に直面していると述べたが、そ の通りなのかもしれない。

アリババの時価総額は馬会長が昨年11月にこう発言して以来、成長 鈍化懸念を背景に約700億ドル失われた。中国経済が1990年代以来の低 成長となると予想されている上、消費者のモバイルショッピングへのシ フトで広告収入が縮小する中、商品の買い手と売り手をつなぐ市場とし ての国内での同社の圧倒的地位は損なわれつつある。

中国国外への進出もまだ勢いづいておらず、米国と欧州の大部分で の存在感は依然として取るに足りない。7日公表予定の決算では増収率 が過去7四半期の平均を下回ると予想されている。アリババの株価は6 日のニューヨーク市場終値が80ドルと、昨年11月の高値を33%下回る水 準。5日には昨年9月の上場以来の安値を付けた。IPO価格は68ドル だった。

中国Eコマース・リサーチ・センターのディレクター、ツァオ・レ イ氏は「中国経済全体が減速し、大都市で市場が飽和しつつあるため、 海外への進出拡大がさらに重要になりそうだ」と指摘した。

アリババの1-3月(第4四半期)売上高はブルームバーグが集計 した23件の予想平均で前年同期比41%増の169億人民元(約3260億円) と見込まれている。過去7四半期の平均増収率は約50%だった。営業利 益は18%減少し45億元に落ち込む見通し。

原題:Alibaba’s Slowing Chinese Growth Costs Investors $70 Billion (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE