メットライフ、1-3月63%増益-プルデンシャルも66%増益

更新日時

米生保最大手メットライフの1-3月(第1 四半期)決算は63%増益となった。デリバティブ(金融派生商品)利益 や団体契約者向け事業などの業績改善が寄与した。

6日の発表資料によると、純利益は21億6000万ドル(約2580億円) と、前年同期の13億3000万ドルから増加。一部の投資損益を除く営業利 益は1株当たり1.44ドルで、ブルームバーグがまとめたアナリスト16人 の予想平均(1株当たり1.41ドル)を上回った。

同業2位の米プルデンシャル・ファイナンシャルが同日発表した1 -3月期決算では純利益が前年同期比66%増加し20億4000万ドルとなっ た。1株当たりの営業利益は2.79ドル。ブルームバーグが集計したアナ リスト16人の予想平均(2.39ドル)を上回った。

変額年金など業績が金融市場の変動に左右されやすい資本集約的な 事業を縮小したメットライフは、歯科保険や傷害保険などの分野に力を 入れている。

メットライフの1-3月期の純資産は1株当たり64.37ドルと、前 期の61.85ドルから増加。外貨の下落や金利低下を反映し、デリバティ ブ関連の利益は5億3400万ドルに達した。

同社最大の部門である米州部門の営業利益は4.3%増の13億8000万 ドル。労災保険を販売する部門の営業利益は2億2800万ドルと、20%伸 びた。

メットライフの株価は時間外取引で上昇。ニューヨーク時間午後4 時45分(日本時間7日午前5時45分)現在、0.4%高の52ドル。プルデ ンシャルの株価は時間外取引で1.1%高。両社の決算発表はいずれも通 常取引終了後だった。

原題:MetLife Profit Rises 63% to $2.16 Billion on Derivatives (2)(抜粋)