米国債:30年債利回り、12月来の高水準に-FRB議長発言で

更新日時

6日の米国債市場では30年債利回りが昨年12 月以来の高水準に達した。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン 議長が国債利回り急上昇の可能性を指摘したことが売りを誘った。

イエレン議長は利上げを始めれば、国債利回りが急激に上昇する可 能性があると発言した。世界的な国債安が7日連続で続いており、ダブ ルライン・キャピタル共同創業者のジェフリー・ガンドラック氏やジャ ナス・キャピタル・グループの著名ファンドマネジャー、ビル・グロー ス氏も最近、国債相場の上昇は行き過ぎているとの認識を示している。 イエレン議長はレバレッジローン市場に「利回り追求」の兆候が見られ るとも述べた。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロス 氏(ニューヨーク在勤)は「虚を突かれた参加者が多かった。議長のコ メントでひどい目に遭った。誰も予想していなかったような内容だっ た」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、30年債利回りは前日比8ベーシスポイント(b p、1 bp=0.01%)上昇の2.99%。同年債価格(表面利率2.5%、償 還期限2045年2月)は1 1/2安の90 9/32。利回りは12月2日以来の高水 準を付けた。

10年債利回りは6bp上昇の2.25%。一時は12月26日以来の高水準 に達した。

MOVE指数

世界的な混乱を背景に、米国債のボラティリティを測るバンク・オ ブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのMOVE指数は3月以来の高水 準となった。同指数は5日に87.66に上昇した。

最近まで、欧州中央銀行(ECB)の債券購入プログラムを受けた 世界的な国債上昇の流れの恩恵を米国債は受けていた。米国債が他の地 域の国債に比べ利回りが高いためだ。

しかし、過去2週間で全てが変わった。利回りが歴史的な低水準に あった欧州の国債は大幅に下落。その影響で全世界の国債市場で4300億 ドルが吹き飛んだ。ドイツ10年債利回りは6日、年初来の高水準に達し た。

RBSセキュリティーズの米国債ストラテジスト、エドワード・ア クトン氏は「大きなマクロストーリーがある」と指摘。「米当局と ECBの金融政策の違いに基づいた巨大な取引全ての解消」でもっと痛 みを伴う可能性があると述べ、「一部の取引は深刻なほど自己満足に陥 っていた」と続けた。

30年債利回りの上昇予想

RBSは5日夜、2012年6月以来で初めて長期的な弱気見通しを示 した。30年債利回りは今後6-12カ月で3.5%に上昇すると予想した。

クレディ・スイスの金利ストラテジスト、アイラ・ジャージー氏は 「これはわれわれが住む新しい世界特有のことだ。流動性がさほど多く ない中、大きな動きは続くだろう」と語った。

8日発表の雇用統計で非農業部門雇用者数は23万人増、失業率は7 年ぶりの低水準となる5.4%への低下が予想されている。

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・ インスティテュート が6日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、4月の米民間部門 の雇用者数は前月比16万9000人増加した。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想の中央値は20万人増だった。

原題:Treasuries Losses Mount as Yellen Joins Higher-Rates Chorus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE