【コラム】「創造性のない模倣だけ」日本人論に異議-スミス

更新日時

日本人は創造性に欠け、欧米を模倣 して取り入れたものを小幅に改良するだけと久しく言われてきたが、米 ピュー・リサーチ・センターの最近の調査によれば、米国人の実に75% が日本人を「独創的」だと考えている。それでも旧来の日本人論が時折 聞かれ、これは修正する必要があるというものだろう。

まず、「日本人は一体何を発明したか」との問いには長くて印象に 残るリストを示すことができる。エレクトロニクスの分野だけでも、デ ジタル一眼レフカメラやフロッピーディスク、フラッシュメモリー、 VCR、電卓、ウォークマン、ラップトップ、DVDなどなど。

旧来の日本人論を唱える者は、上記の多くが他国での発明技術を活 用しただけだと指摘するだろう。例えばデジタル写真を可能にする CCDは米国生まれ。しかし、新たな着想から生まれるイノベーション の歴史を振り返れば、そのほぼ全てが先人の積み重ねに基づいているこ とが分かる。例えば、ジェームズ・ワットは蒸気機関を発明した人物と して知られるが、蒸気機関の商品化への功績があったというのが本当の ところだ。蒸気機関を手掛けた人物はほかにもいたが、買い手が付くほ どの費用対効果を出せなかった。ビジネスに関する学問が発明とイノベ ーションを区別するのはそういうわけだ。発明は技術の創造で、イノベ ーションはその技術に基づき役に立つ製品をつくり出すことだ。日本は 後者で優れている。

もちろん、発明においても日本は実は優れている。2014年のノーベ ル物理学賞受賞者は青色発光ダイオード(LED)を発明した日本人チ ームだった。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発した山中伸弥教授 も日本人で12年にノーベル賞を受賞。飯島澄男氏もカーボンナノチュー ブの発見者として知られている。

自然科学分野の日本人のノーベル賞受賞者(受賞時点での外国籍取 得者を含む)は19人と、ロシアを上回っている。

それに、エレクトロニクスや物理学などの分野に限られた話ではな い。うま味成分のグルタミン酸ナトリウムも日本で1908年に発見され た。ビタミンB1も甘味料の異性化糖もそうだ。娯楽や文化面でもビデ オゲームの多くが日本で誕生したし、カラオケや漫画は米国人の心をつ かんでいる。さらに東京のレストランを訪れれば、米国ではあまりお目 にかかれない斬新さや創造性の高さが分かる。

要は日本は創造性と独創性に富む大国なのだ。恐らく米国のみが、 その人口の大きさや多様性、豊富な研究資金、そして発明家を海外から 受け入れることで日本をしのぐのだろう。

ただし、日本が発明とイノベーションで能力をさらに高めることが できる重要な方法が少なくとも2つある。第一が大学の改善だ。世界の 大学ランキングを見れば、上位を米国の大学が占め、東京大学はやっ と23位。日本語が世界的に使われる言語ではないため世界でトップクラ スの学者を集められないということもあるだろうが、長年の緊縮財政で 研究資金が乏しいというのも要因だろう。幸いにも安倍政権はどちらの 問題も解決しようと取り組んでいる。

日本がやろうと思えばできる2つ目の課題は、米国防総省の国防高 等研究計画局(DARPA)に匹敵する機関を設けることだ。多くの日 本人は尻込みするだろうが、インターネットなど社会を一変させるよう な発明やイノベーションの数々にDARPAは貢献してきた。日本はも はや軍事大国を自認していないので、DARPAのような組織づくりに 資金を投じる理由はあまりないかもしれないが、変わる兆しも見える。

つまり、実は非常に創造的でイノベーションに富んできた日本はそ の能力を維持するために必要なことを実践している。米国も同様に行動 すべきだろう。

(ノア・スミス氏はブルームバーグ・ビューのコラムニストです。 コラムの内容は同氏自身の見解です)

原題:Japan Doesn’t Just Imitate Other Nation’s Inventions: Noah Smith(抜粋)