5月6日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル下落、経済統計やFRB議長発言で

6日のニューヨーク外国為替市場でドル指数は3カ月ぶり水準に低 下。欧州で債券利回りが上昇し、米国資産の需要が後退した。

ゴールドマン・サックス・グループは米資産売りを、2013年のバー ナンキ前連邦準備制度理事会(FRB)議長時代に見られた「テーパー タントラム」現象と比較した。イエレン現FRB議長はこの日、長期金 利について、初回利上げを引き金に現在の非常に低い水準から急上昇す る可能性があるとの認識を示した。

クレディ・スイス・グループの外為ストラテジスト、マット・ダー 氏(ニューヨーク在勤)は「過去数カ月間のあらゆる主要テーマが大き く反転している」と述べた。さらに、「結果的にはリスクテークを抑制 しているほか、ポジションの小型化、より広範な範囲でレバレッジ縮小 につながっており」、ドルに売り圧力を掛けていると指摘した。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.7%低下して1160.75。終値ベースで2月5日以来の低水準とな った。

ドルは対ユーロで1.4%安の1ユーロ=1.1347ドル。対円では0.3% 下げて1ドル=119円46銭。

イエレン議長はワシントンで講演後、長期金利についての質問を受 け、「長期金利は非常に低い水準にある」と回答。初回利上げの後に 「長期金利が急激に上昇する可能性はある」と述べた。

ブルームバーグ相関加重指数によれば、ドルは過去1年間で16%上 昇と、調査対象となっている先進10カ国通貨の中で最もパフォーマンス が良好だ。一方、過去1カ月では約4%値下がりしている。

ゴールドマン・サックスの見方

ドル安に伴い米国債も下落。10年債利回りは年初来の最高水準に接 近した。

ゴールドマン・サックスはドルの下落は続かないとの予想を示し、 現在は買いの好機だと指摘した。

米商務省が4月29日発表した第1四半期の米実質国内総生産 (GDP、季節調整済み、年率)速報値は前期比0.2%増と、前期 の2.2%増から減速した。

ニューヨーク在勤の主任為替ストラテジスト、ロビン・ブルックス 氏らゴールドマンのアナリストはリポートに、「ハト派的な連邦公開市 場委員会(FOMC)や弱い雇用統計という最悪の3月の嵐の後、先週 の期待外れのGDPに伴う値動きはまさに、ムンクの『叫び』のようだ った。外為市場は『タントラム(かんしゃく)』を起こしているよう だ」と記述した。

2013年5月、当時のバーナンキFRB議長が投資家の予想よりも早 期に債券購入の段階的縮小を開始する可能性に触れたことが手掛かりと なり、米国債利回りは急伸した。

同リポートでゴールドマンのアナリストらは、ドルが向こう1年に 対ユーロで19%上昇し1ユーロ=95セントとなり、対円は約9%上昇の 1ドル=130円に達すると予想した。

原題:Dollar Tantrum Screams Louder as Data Cast Doubt on Fed Timing(抜粋)

◎米国株:主要株価指数が続落-経済指標受け景気減速を懸念

6日の米株式相場は下落。S&P500種株価指数は1カ月ぶり安値 となった。経済指標が市場予想を下回り、8日の雇用統計を前に景気減 速への懸念が強まった。

アップルやヒューレット・パッカード、マイクロソフトが3日続落 となるなど、テクノロジー株が安い。アレクシオン・ファーマスーティ カルズは大幅安。同社はシナジーバ・バイオファーマを84億ドルで買収 することで合意した。ファイザーも安い。

S&P500種株価指数は前日比0.5%安の2080.15。ダウ工業株30種 平均は86.22ドル(0.5%)下げて17841.98ドル。ナスダック総合指数 は0.4%安。

ボストン・プライベート・ウェルスの最高投資ストラテジスト、ロ バート・パブリク氏は「けさの経済データは市場参加者を神経質にさせ る内容だ。前日も下げており、市場では弱気姿勢が広がっている」と分 析。「8日の統計に対しても懸念が広がっている。投資の姿勢は明確で はなく、皆ただ同じ波に乗ろうとしている。売り圧力が強まったのはそ のためだ」と述べた。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長はこの日、ワシント ンでのパネル討論会で、株式市場のバリュエーションが高くなってお り、金融不安の原因となる可能性があるとの認識を示した。この発言を 受け、株価指数は一時下げを拡大した。

経済指標

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが 発表した給与名簿に基づく集計調査によると、4月の米民間部門の雇用 者数は前月比16万9000人増と、伸びはブルームバーグがまとめたエコノ ミスト予想の中央値(20万人増)を下回った。エコノミスト調査では、 8日発表される4月の米雇用統計では非農業部門雇用者数が23万人増と 見込まれている。3月は12万6000人増だった。

また第1四半期の米労働生産性は前期比で低下し、2期連続マイナ スとなった。2期の平均低下率としては1993年上期以降で最大。一方で 労働コストは上昇した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は5.9%上昇し15.15。2日間の上げとしては1月以降で最大 となった。

8指数が下落

S&P500種の業種別10指数では8指数が下落。金融や電気通信サ ービス、テクノロジーの指数の下げが特に大きかった。

フロンティア・コミュニケーションズは12%安。第1四半期の利益 と売上高が市場予想を下回った。

アレクシオンは8%安。ファイザーは1.9%下げた。

ニューズ・コープは6.4%安。同社の1-3月(第3四半期)利益 はアナリスト予想を下回った。出版広告収入が引き続き減少した上に、 為替変動が売上高を圧迫した。

原題:S&P 500 Falls to One-Month Low Amid Growth Concerns After Data(抜粋)

◎米国債:30年債利回り、12月以来の高水準-FRB議長発言で

6日の米国債市場では30年債利回りが昨年12月以来の高水準に達し た。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が国債利回り急上 昇の可能性を指摘したことが売りを誘った。

イエレン議長は利上げを始めれば、国債利回りが急激に上昇する可 能性があると発言した。世界的な国債安が7日連続で続いており、ダブ ルライン・キャピタル共同創業者のジェフリー・ガンドラック氏やジャ ナス・キャピタル・グループの著名ファンドマネジャー、ビル・グロー ス氏も最近、国債相場の上昇は行き過ぎているとの認識を示している。 イエレン議長はレバレッジローン市場に「利回り追求」の兆候が見られ るとも述べた。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロス 氏(ニューヨーク在勤)は「虚を突かれた参加者が多かった。議長のコ メントでひどい目に遭った。誰も予想していなかったような内容だっ た」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、30年債利回りは前日比8ベーシスポイント(b p、1 bp=0.01%)上昇の2.99%。同年債価格(表面利率2.5%、償 還期限2045年2月)は1 1/2安の90 9/32。利回りは12月2日以来の高水 準を付けた。

10年債利回りは6bp上昇の2.25%。一時は12月26日以来の高水準 に達した。

MOVE指数

世界的な混乱を背景に、米国債のボラティリティを測るバンク・オ ブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのMOVE指数は3月以来の高水 準となった。同指数は5日に87.66に上昇した。

最近まで、欧州中央銀行(ECB)の債券購入プログラムを受けた 世界的な国債上昇の流れの恩恵を米国債は受けていた。米国債が他の地 域の国債に比べ利回りが高いためだ。

しかし、過去2週間で全てが変わった。利回りが歴史的な低水準に あった欧州の国債は大幅に下落。その影響で全世界の国債市場で4300億 ドルが吹き飛んだ。ドイツ10年債利回りは6日、年初来の高水準に達し た。

RBSセキュリティーズの米国債ストラテジスト、エドワード・ア クトン氏は「大きなマクロストーリーがある」と指摘。「米当局と ECBの金融政策の違いに基づいた巨大な取引全ての解消」でもっと痛 みを伴う可能性があると述べ、「一部の取引は深刻なほど自己満足に陥 っていた」と続けた。

30年債利回りの上昇予想

RBSは5日夜、2012年6月以来で初めて長期的な弱気見通しを示 した。30年債利回りは今後6-12カ月で3.5%に上昇すると予想した。

クレディ・スイスの金利ストラテジスト、アイラ・ジャージー氏は 「これはわれわれが住む新しい世界特有のことだ。流動性がさほど多く ない中、大きな動きは続くだろう」と語った。

8日発表の雇用統計で非農業部門雇用者数は23万人増、失業率は7 年ぶりの低水準となる5.4%への低下が予想されている。

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・ インスティテュート が6日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、4月の米民間部門 の雇用者数は前月比16万9000人増加した。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想の中央値は20万人増だった。

原題:Treasuries Losses Mount as Yellen Joins Higher-Rates Chorus(抜粋)

◎NY金:反落、イエレンFRB議長が債券利回り上昇の可能性に言及

6日のニューヨーク金先物相場は今週に入って初の下落。債券利回 りは初回利上げをきっかけに「急激に上昇する可能性がある」としたイ エレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言をきっかけに、代替 投資の金買いが減退した。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディングのフェイン・シ ェーファー社長は電話インタビューで、「利上げに関するイエレン議長 の発言が市場の重しになっているのは確かで、当局が9月の利上げを決 意していると市場は確信している」と指摘。「実際に、8日の雇用統計 が強い結果となれば、金は年初来の安値を更新する可能性がある」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.2%安の1オンス=1190.30ドルで終了。

銀先物7月限は0.4%下げて16.506ドル。プラチナ先物7月限 は0.5%下落の1142.80ドル。パラジウム先物6月限は0.3%安の792.65 ドル。

原題:Gold Sags as Yellen Cites Prospect for Sharp Jump in Bond Yields(抜粋)

◎NY原油:続伸、米在庫の減少で-ガソリン増が上値抑える

6日のニューヨーク原油市場ではウェスト・テキサス・インターミ ディエート(WTI)先物が続伸。先週の米原油在庫が4カ月ぶりに減 少したことを好感し、昨年12月以来の高値に達した。一方、ガソリン在 庫が増加したため、夏に向けた需要先細りを警戒して原油先物はこの日 の高値を離れた。

ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査責任者、マイケル・ウィトナ ー氏(ニューヨーク在勤)は電話取材に対し、「米国の原油在庫がよう やく減少するようになった」と指摘。「製油所稼働率は予想通りますま す上昇する一方で、原油の生産は頭打ちになった。米国および世界市場 でリバランスが進行している証拠だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比53セント(0.88%)高い1バレル=60.93ドルで終了。終値としては 昨年12月10日以来の高値。

原題:Crude Oil’s Gain Tempered by Increase in U.S. Gasoline Supplies(抜粋)

◎欧州株:続落、FRB議長の株価に対する言及とユーロ高が響く

6日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が続落し た。ユーロ相場上昇のほか、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB) 議長が株式のバリュエーション(株価評価)はかなり高いと指摘したこ とが売り手掛かりとされた。

ストックス600指数は前日比0.6%安の388.68で終了。一時は1%下 げ、0.3%上昇する場面もあった。イエレン議長の発言を受けて、米国 株は値下がりし、ドルは対ユーロで下落した。

MPPM(独エップシュタイン)で資産運用に携わるギレルモ・ヘ ルナンデス・サンペレ氏は、「値固めが続くだろう」とし、「足の速い 大量の資金がユーロ安を現出させていたが、現時点ではこれを巻き戻さ なければならない。株式売却で流動性の確保が必要だ」と指摘。さら に、「FRB議長のいかなる発言も、その意味を読み取る必要がある。 早期利上げが経済と株式のバリュエーションに打撃を与えることを米当 局は認識している」と付け加えた。

この日の西欧市場ではスイスのSMI指数が最も下げ、1.5%下落 した。英FTSE100指数はほぼ変わらず。世論調査によれば、7日の 総選挙でいずれの政党も過半数を確保できないとみられている。

業種別ではヘルスケア銘柄が大きく下げた。スイスのノバルティス とロシュの下げが目立った。

原題:European Stocks Decline for a Second Day After Yellen’s Comments(抜粋)

◎欧州債:軒並み下落、独債利回り年初来高水準-ギリシャ懸念で

6日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債を売る動きが続き、域内 の指標とされるドイツ10年債の利回りは年初来高水準を付けた。原油値 上がりとギリシャ救済交渉の行き詰まりで、低金利の持続が疑問視され た。

イタリア国債も一時の上げを消し、下げ基調に戻った。成長加速と デフレリスク後退の兆候が強まる中、世界の債券市場では4月27日以降 に4100億ドル余りが失われた。

インベステック・アセット・マネジメントの債券部門責任者、ジョ ン・ストップフォード氏(ロンドン在勤)は「欧州債をロング(買い持 ち)にしている多くの投資家にとっての懸念は、利回り低下のトレンド が終わったのかということだ」とし、「現在の売りが行き着く先はどこ かを見極めようとする動きが出るだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時41分現在、ドイツ10年債利回りは前日比7ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.59%。一時は0.60% と、昨年12月29日以来の高水準を付けた。同国債(表面利 率0.5%、2025年2月償還)価格は0.665下げ99.18。

イタリア10年債利回りは11bp上昇し1.91%。一時は9bp低下し たが、17bp上げ昨年12月30日以来の高水準となる1.97%に達する場面 もあった。3月12日には1.031%まで下げ、過去最低を付けていた。

原題:Euro-Area Bond Selloff Wipes Out 2015 Rally in German Benchmark(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE