NY原油:続伸、米在庫の減少で-ガソリン増が上値抑える

6日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸。先週の米原油 在庫が4カ月ぶりに減少したことを好感し、昨年12月以来の高値に達し た。一方、ガソリン在庫が増加したため、夏に向けた需要先細りを警戒 して原油先物はこの日の高値を離れた。

ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査責任者、マイケル・ウィトナ ー氏(ニューヨーク在勤)は電話取材に対し、「米国の原油在庫がよう やく減少するようになった」と指摘。「製油所稼働率は予想通りますま す上昇する一方で、原油の生産は頭打ちになった。米国および世界市場 でリバランスが進行している証拠だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比53セント(0.88%)高い1バレル=60.93ドルで終了。終値としては 昨年12月10日以来の高値。

原題:Crude Oil’s Gain Tempered by Increase in U.S. Gasoline Supplies(抜粋)

--取材協力:Lynn Doan、Moming Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE