FRB議長:株式はかなり割高、債券利回りは急上昇の可能性も

更新日時

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議 長は株式市場のバリュエーションは高く、長期債金利は非常に低いと指 摘した。6年を超える事実上のゼロ金利局面を経てバブルの兆しが出て いないかどうか、金融当局は市場をとりまく状況を注意深く監視してい る。

イエレン議長は6日ワシントンで講演後に質問を受け、「現時点で 株式市場のバリュエーションが総じてかなり高くなっていることに留意 してほしい」と回答。「債券のような安全資産のリターンに比べれば、 株式のリターンはさほど高くない。債券のリターンも非常に低い。しか しここに危険性が潜んでいる可能性がある」と述べた。

イエレン議長は債券利回りについて、初回利上げをきっかけに「急 激に上昇する可能性がある」と発言。米金融当局者の大半は年内利上げ を予想している。

スタンダードチャータードのシニアエコノミスト、トーマス・コス ターグ氏は市場のネガティブな反応が予想されるため、時期が早過ぎ、 かつペースが速過ぎる利上げに対して米金融当局は慎重になるだろうと みる。

「株式市場への懸念は徐々に深まっており、引き締め開始時の株式 市場の反応については根深い不安があるようだ」とコスターグ氏。「こ うした状況で米金融当局は利上げを前に慎重になるかもしれない」と続 けた。

株価と米国債相場が下げる

金融市場では株価と米国債相場がイエレン議長の発言を受けて下 落。S&P500種株価指数が前日比0.5%下げて2080.15で引けた。一時 は1%以上の値下がりとなっていた。ブルームバーグ・ボンド・トレー ダーのデータによれば、10年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)近く上昇し2.24%。

イエレン議長はまた、2008年12月以来続いている事実上のゼロ金利 を経て、当局は金融の安定を脅かす兆しに注意しなくてはならないとも 述べた。議長は「金融と社会」と題された会議でのパネルディスカッシ ョンで、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事からの質問に答え た。

議長はレバレッジローン市場に「利回り追求」の兆候が見られると 指摘。「長期金利は非常に低い水準にある」と述べ、初回利上げの後に 「長期金利が急激に上昇する可能性はある」と警告した。

イエレン議長は「こうした現象は2013年のテーパータントラムでみ られた。この時は金利が非常に大きく上昇した」と、13年中頃に当時の バーナンキFRB議長が債券購入の段階的縮小を開始する可能性に触れ た後の市場の反応に言及した。

原題:Yellen Says Stock Valuations ‘Quite High,’ Bond Yields Low (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE