米ADP民間雇用者数:4月は約1年ぶり低い伸び

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・ インスティテュートが発表した給与名簿に基づく集計調査によると、4 月の米民間部門の雇用者数は、ここ1年余りで最も低い伸びにとどまっ た。

ADPリサーチによれば、4月の雇用者数は前月比16万9000人増 と、伸びは2014年1月以降で最小。ブルームバーグがまとめたエコノミ スト予想の中央値は20万人増だった。前月は17万5000人増(速報値18 万9000人増)に下方修正された。

レイモンド・ジェームズ・アンド・アソシエーツのチーフエコノミ スト、スコット・ブラウン氏は「失望させられる内容だが、最悪の状況 というわけでは必ずしもないだろう」とし、増加幅が「16万9000人とい うのはかなり良い。正常な状態であればこれは素晴らしい数字だが、現 状ではリセッション(景気後退)からの大幅なスラック(たるみ)を引 き締める必要ある」と述べた。

建設業の雇用者は2万3000人増、製造業は1万人減。サービス業 は17万人増加した。

従業員が500人以上の大企業の雇用者数は5000人増。50-499人の中 堅企業では7万人増。49人以下の小企業は9万4000人増えた。

原題:Companies in U.S. Add Fewest Workers in More Than a Year (2)(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.