ジャーマンウィングスの副操縦士、実行前に墜落の練習-調査

ジャーマンウィングスの旅客機を3月24日に フランスで墜落させ死亡したアンドレアス・ルビッツ副操縦士は、同日 の前の便で何回か予行演習を行っていたもようだ。事故調査の暫定結果 が示した。

仏航空機事故調査局(BEA)の6日の発表によると、同副操縦士 は前の便で飛行中に5回、機長が操縦室を離れたすきに旅客機の高度 を100フィート(約30.48メートル)まで下げていた。

調査結果を発表したBEAのディレクター、ルミ・ジューティ氏は 「副操縦士が何を考えていたか知るすべはない」とし、言えるのはた だ、同副操縦種が複数回にわたり高度を下げる操作をしたことだと述べ た。

ドイツのデュッセルドルフからスペインのバルセロナに向かう途中 にそのような操作を繰り返した後、ルビッツ副操縦士はデュッセルドル フに戻る帰路の便で、機長を操縦室から締め出し実際に墜落させた。墜 落で機体はバラバラになり、乗っていた150人全員が死亡した。

原題:Germanwings Pilot Practiced Suicide Maneuvers Before Crash (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE