インド株(6日):5カ月ぶり安値、海外勢による売り膨らむ

6日のインド株式相場は続落し、指標のS& P・BSEセンセックスは年初来安値を付けた。株価指数先物のブロッ ク取引と海外勢によるインド株の継続的な売りが要因。

発電設備メーカーのバーラト重電機がセンセックス構成銘柄中で最 もきつい値下がり、電力会社NTPCも大きく下げた。銀行株指数は先 月27日以来の低水準となり、特にICICI銀行の下げが目立った。

センセックスは前日比2.6%安の26717.37と、昨年12月17日以来の 安値で終了。一時は1月29日に付けた過去最高値からの下落率が10%を 超え、いわゆる調整局面となった。海外勢による4日までの2営業日の インド株売買動向は4億7500万ドルの売り越し。CNXニフティ指数先 物については先月23日以降売り越しが続いている。

原題:Indian Stocks Slump to Five-Month Low as Foreigners Extend Sales(抜粋)