中国株:上海総合指数、下落-投資家がIPO銘柄狙い売却

6日の中国株式相場は下落。指標の上海総合 指数のこの2日間の下落率は過去3カ月で最大となった。投資家が新規 株式公開(IPO)銘柄への投資資金を得るため、このところ最も好調 に推移していたセクターの株を売却した。

上海市場でこの3カ月で最も大幅に上げていた公益株と工業株がこ の日の下げの中心。2月以降、共に30%余り上げていた大唐国際発電と 華電国際電力は少なくとも5%の下落。中国中鉄と中国鉄建も5%超下 げた。一方、創業板指数は過去最高を更新したが、その後上げ幅を縮小 した。

上海総合指数は前日比1.6%安の4229.27で終了。5日は4.1%下げ ていた。ブルームバーグの集計データによれば、5日から11日までの間 に25社がIPOを計画している。IPO銘柄は取引初日に平均44%上げ ている。

申万宏源のアナリスト、錢啟敏氏は電話インタビューで、「投資家 はIPO銘柄取得の資金を得るため、保有する株が上げた後に午後の取 引で売却する傾向がある」とし、「IPO銘柄が資金を動かすため、市 場の流動性が圧迫されている」と指摘した。

香港市場のハンセン指数は0.4%安の27640.91で終了。5営業日続 落となった。

原題:China’s Stocks Extend Rout Amid IPO Concerns as Industrials Drop(抜粋) Hong Kong Stocks Decline for Longest Losing Streak Since March (抜粋)

--取材協力:Fion Li、Steven Lam.