NY原油:大幅反発、60ドル突破-供給過多の緩和観測で

5日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅反発。昨年12月 以来で初めて1バレル=60ドルを上回った。米国の供給過剰状態が緩和 するとの見方から買いが膨らんだ。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の シニアアナリスト、ジーン・マクギリアン氏は「心理的に重要な水準を 上抜いた」と指摘。「北米の生産が減少し、供給過多が緩和するとの見 方が背景にある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比1.47ドル(2.5%)高い1バレル=60.40ドルで終了。終値としては昨 年12月10日以来の高値となった。

原題:U.S. Oil Jumps Above $60 for First Time This Year as Glut Eases(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE